洋服だけ 引越し

突然ですが、「引越しの時にタンスの中身はどうすればいいの?そのままで良い?梱包すべき?」と困っていませんか?

  • 洋服をタンスに入れたまま引越しするのは可能?
  • 洋服をタンスに入れたまま引越す際の注意点は?
  • タンスから洋服を出す場合の梱包方法は?
  • 洋服を梱包する場合の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

洋服をタンスに入れたまま引越しすることは可能?


引越し業者によってはタンスに洋服を入れたまま運んでくれることがあります。但し、タンスの大きさや重さによっては不可能なこともあるので見積の際に確認してみましょう。

 

洋服が入っていても運んでもらいやすいタンス

  • 小型タンス
  • 上下を分けることができるタンス
  • 軽い素材を使っているタンス

 

タンスでも比較的小さくて軽いものやクローゼット一体型で上下を分けることができるタイプは、洋服が入っていてもそれほど重くないので運んでもらえる可能性が高くなります。また、軽めの木材を使用しているタンスでドアや階段を通るものも洋服を入れたまま運べる可能性があります。

 

洋服を入れたまま運ぶのは不可能なタンス

  • 大型タンス
  • 分解できないタンス
  • 婚礼ダンスや和ダンス

 

目の高さよりも高い大型タンスは重量があるので、洋服を入れて引越しするのはまず不可能と考えてください。また、中型のタンスでも分解できないものは洋服を入れるとかなりの重量になり運べない可能性があります。

 

婚礼ダンスや和ダンスはしっかりした構造のためとても大きくて重いので、廊下や階段を通るのも厳しく窓から吊り下げて搬出する可能性があります。この場合は洋服を入れたまま運べません。

 

洋服をタンスに入れたまま引越す際の注意点は?

 

タンスに洋服を入れて引越しすると、振動によって洋服の重みが負担になりタンスが痛む可能性があります。引き出しの底板が歪む、タンス自体にガタつきが出る、といったトラブルが考えられますので、高級なタンスや傷んでは困るタンスは洋服を入れたまま引越しをしないほうが無難です。

 

また、自分から洋服をそのままにして運びたいと依頼した場合は、万が一タンスに異常が起こっても引越し業者に補償をしてもらえないということも理解しておかなければなりません。多少のガタが出ても問題ないタンスであれば、トラブルの可能性を認識した上で引越しを依頼してみましょう。

 

さらに気をつけておきたいのが、タンスの中の洋服を目隠ししておくという点です。引越し業者はタンスを移動する際に引き出しを開けて手をかけることがあります。この時に中身が見えてしまう可能性があるので、下着などの見られたくない洋服を入れている場合は新聞紙や風呂敷などで洋服を見えないように覆っておきましょう。

タンスから洋服を出す場合の梱包方法は?

 

タンスから洋服を出して運ぶ場合は、ダンボールに詰めて梱包します。洋服は軽いので出来るだけ大きなダンボールに入れて荷物の数を減らすようにしましょう。衣装ケースに入っている洋服はそのまま運んでもらえますので、出す必要はありません。

 

洋服の梱包には以下のようなコツがあります。ここを理解しておくと梱包作業がとてもスムーズになるので実践してみましょう。

洋服梱包のコツ

  • オフシーズンの洋服から詰める(すぐ着ない物から詰めると作業が進む)
  • 引越し先で服を収納する場所ごとに詰める(荷解きが早くなる)
  • シワになりやすい服はたたまずに詰める(作業が早くシワも防げる)
  • 傍らにゴミ袋を置いて洋服を詰める(不要な服はどんどん捨てて荷物を減らす)
  • 着る可能性がある服用のダンボールを作る(悩まないことで作業が進む)

 

洋服を梱包する場合の注意点は?


洋服を梱包する場合は以下のことに気をつけて作業をしましょう。

  • ダンボールの中に新聞や布を敷く(汚れ防止)
  • 大切な洋服は裏返しにして詰める(毛玉や擦れの防止)
  • 雨が心配な場合はダンボールにビニールをかける(濡れ防止)
  • 洋服を詰め込みすぎない(重くなる、ガムテープが剥がれる)
  • 下着などは袋に入れてから詰める(他人に見られないための対策)

 

ダンボールの中に新聞や布を敷く(汚れ防止)

洋服をダンボールにそのまま詰めると、ダンボールに付着しているホコリが付いてしまいます。引越し先で洗濯してから着るものは問題ありませんが、そのまま着用するものは新聞や布で保護して梱包しましょう。

 

大切な洋服は裏返しにして詰める(毛玉や擦れの防止)

引越しの振動によって洋服同士が擦れると毛玉や擦れが生じることがあるので、大切な洋服や高価なものは傷めないように裏返しにして詰めるのをおすすめします。

 

雨が心配な場合はダンボールにビニールをかける(濡れ防止)

梅雨の季節や雨が予想される日に引っ越す場合は、ダンボールが濡れてしまう可能性があるので大きめのビニール袋ですっぽり覆っておくと良いでしょう。特に大切にしている洋服は、ビニールに入れてからダンボールに詰め、さらにダンボールをビニールで覆うと安心です。

 

洋服を詰め込みすぎない(重くなる、ガムテープが剥がれる)

また、洋服の詰め込みすぎには注意が必要です。ダンボールを減らそうとしてパンパンに詰めてしまうと重くなって運びにくくなります。また、ふとした衝撃でガムテープが剥がれて中身が出てしまうこともあります。

 

下着などは袋に入れてから詰める(他人に見られないための対策)

ダンボールの左右には手をかける穴が空いているので、他人に見られたくない下着などは不透明な袋に入れてからダンボールに詰めておくと安心です。

 

タンスの中身をどうするか?はよく考えて決めよう

 

洋服ダンスをそのまま運んでもらえれば引越しの手間がかなり省けます。しかし、楽した分だけリスクがあるということを認識しておかなければなりません。ここをよく考えてから引越しを依頼してください。

 

「洋服にもタンスにも執着はないからそのまま運んでもらおう」
「大切な洋服を傷めたくないし、引越し前に整理したいからダンボールに詰めよう」

 

あなたはどちら派ですか?ここを考えれば自ずと答えが出てくるはずです。