洋服だけ 引越し

突然ですが、「引越しで洋服を梱包する際のたたみ方や詰め方は?コツを教えて欲しい!」と困っていませんか?

  • 洋服や衣類の梱包方法は?
  • 早いたたみ方、たくさん入るたたみ方、シワにしないコツは?
  • Yシャツやスーツはどうやってたたむの?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

洋服や衣類の梱包方法は?


洋服や衣類を梱包する方法以下の通りです。

  • ダンボールに詰める
  • 衣装ケースに詰める
  • 衣類圧縮袋やビニール袋に詰める

 

ダンボールに詰める

洋服はダンボールに詰めて引っ越すのが一番ポピュラーな方法です。大きめのダンボールを使えばかなりの量の洋服が梱包できるので、引越し業者からダンボールがもらえる場合は是非利用しましょう。

 

ダンボールに洋服を入れる場合は、中に新聞紙や布を敷いてホコリを防ぎましょう。自分でダンボールを調達する場合は食品が入っていたダンボールを避け(臭い移り防止)、出来るだけ綺麗なものを選んでください。

 

衣装ケースに詰める

引越し業者によっては衣装ケースのまま洋服を運んでくれるところがあります。この場合は衣装ケースの中身を出さずにガムテープで蓋をしっかり留めておけばOKです。この方法は荷造りの手間が省けるので、引越し業者に見積もりを取る際に衣装ケースのままで引越し可能かどうか確認してみましょう。

 

引越し先で衣装ケースに衣類を保管する予定がある場合は、引越し前に衣装ケースを購入して衣類を梱包しておくととても楽です。引越し先のクローゼットの寸法を図っておき、ジャストサイズの衣装ケースを用意しておきましょう。

 

衣類圧縮袋やビニール袋に詰める

洋服は衣類圧縮袋やビニール袋に詰めて運ぶことも可能です。あまりパンパンにならない程度に洋服を詰めたら口をガムテープで留めておきます。荷造りも簡単な方法なので楽をしたい方におすすめです。

 

但し、この方法は洋服がシワになりやすいというデメリットがあります。また、中身が見えてしまうので下着などには適さない方法です。袋を使って洋服を梱包する際は、デメリットがあることを認識して作業しましょう。

 

早いたたみ方、たくさん入るたたみ方、シワにしないコツは?

早いたたみ方

Tシャツなどが大量にある場合は、一瞬でTシャツをたためる3点つまみ方式のたたみ方を覚えておくととてもスムーズに作業できます。この方法はたたんだ後にシワにもなりにくいので、是非実践してみましょう。

  1. Tシャツの肩部分とそこから直線上にある中央部分をつまむ
  2. 両手でつまんだままTシャツの裾をつまんで中央部分を引き抜く
  3. 袖を内側に入れてシワを伸ばせば完成

たくさん入るたたみ方

ある程度シワになっても問題がない洋服は小さくコンパクトにたたむとダンボールにたくさん梱包できます。この方法でたたむと縦にして梱包できるので、荷解きの時にどの洋服がどこにあるかひと目でわかるので作業がはかるメリットもあります。

  1. 洋服を広げて身頃を左右に折る
  2. 洋服の長さに対して1/4の大きさになるようにたたんで完成

 

シワにしないコツ

洋服を出来るだけシワにしないで運ぶには、梱包するときにシワを伸ばしてたたむことが大事です。シワになったまま洋服をどんどん重ねれば、その重みでさらにシワがついてしまいます。面倒でも出来るだけシワを伸ばしながら梱包するようにしましょう。

 

また、洋服をたたまずに広げた状態でダンボールに入れるという裏技もあります。大きめのダンボールを用意し、その中に洋服を広げて入れていきます。この時もシワを伸ばしながら入れていくのがコツです。引越し先でタンスに収納する際にたたまなければなりませんが、シワを最大限に防げる一番良い方法です。

 

Yシャツやスーツはどうやってたたむの?


シワになると困るYシャツやスーツなどはたたみ方にコツがあります。ハンガーにかけたまま運べない場合は可能な限りシワを防ぐたたみ方を実践してみましょう。

 

Yシャツのシワを防いでたたむ方法

Yシャツはクリーニングで仕上がってきたときのようにたたんでおくとシワがつきにくくなります。引越し翌日に仕事で着る場合などはこのたたみ方でシワをつけないようにしておきましょう。

  1. Yシャツを裏返しにしシワを伸ばす
  2. 両袖を内側にたたみ、裾を10cm程内側にたたむ
  3. 後ろ身頃の両脇を内側にたたみ、後ろ身頃を半分の位置でたたんで完成

 

スーツのシワを防いでたたむ方法

スーツのズボンやスカートは半分にたためばOKですが、ジャケットは普通にたたむとシワがついてしまいます。シワになるとクリーニングに出さなければならないこともあるので、出来るだけシワにしないたたみ方を覚えておくと良いでしょう。

 

  1. ジャケットを背中側に折って肩と肩を合わせる
  2. 片側の袖を裏返しにしてもう片側の袖に重ねる
  3. 半分に折って完成

 

上手なたたみ方と梱包をマスターして引越しを快適に!

 

引越後の生活を少しでもスムーズにするためには、引越しの際にちょっとした手間をかけて面倒になりそうなことを減らす努力が必要です。洋服のたたみ方や梱包の仕方がまさにこの手間であり、ここをしっかり対応しておくだけで後々の生活が楽になります。

 

今回ご紹介したたたみ方や梱包の仕方を取り入れれば「やっておいてよかった!」という安心感が得られるはずです。