洋服だけ 引越し

突然ですが、「引越しの時ハンガーにかかっている洋服はどうする?ハンガーボックスとはどんなもの?」と困っていませんか?

  • 洋服はハンガーから外さないと運べないの?
  • 洋服をハンガーにかけたまま引っ越す方法は?
  • 引越し業者で貸してくれるハンガーボックスとは?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

洋服はハンガーから外さないと運べないの?


洋服をハンガーから外さなくてもダンボールに入れることができれば運んでもらうことは可能です。但し、ハンガーに洋服をかけたまま梱包するとシワになり、ハンガーについている汚れや金属のサビなどが洋服に付く可能性があるので注意してください。

 

ハンガーに洋服をかけたまま梱包すると、ハンガーの分だけ荷物が重くなり洋服が入るスペースも減ってしまいます。また、肩周りにハンガーの型がついてしまい、洋服を痛める可能性があります。

 

着用前に毎回アイロンをかけるシャツやズボンなどは多少シワになっても問題ないと思いますので、ハンガーから外してダンボールに梱包するのをおすすめします。

 

洋服をハンガーにかけたまま引っ越す方法は?


引越し業者によってはハンガーラック(鉄パイプ製の軽量なもの)などに洋服をかけたままでも運んでくれるところがあります。見積もり依頼の際にハンガーラックを見てもらい、そのまま引越しが可能かどうか確認してみましょう。

 

ハンガーラックのまま運んでもらう場合は、大きさと重さが重要になります。幅も高さもあってドアや通路を通れないものやパイプが頑丈で非常に重いものはそのまま運ぶのが不可能です。この場合は洋服を外して梱包するしかありませんので、その点を理解しておきましょう。

 

ハンガーラックのまま引越しする場合にはいくつか注意点があります。まず輸送の振動で洋服が外れて汚れやシワがつく可能性があります。また、洋服が大量にかかっていると振動によってパイプに重みがかかって歪んだり曲がってしまう可能性があります。このようなアクシデントがあっても自己責任として受け止められるのであれば、ハンガーラックのまま引越しを依頼しても問題ないでしょう。

 

引越し業者は様々なトラブルを想定して引越し依頼を受けますので、ハンガーラックをそのまま運ぶことに関してはあまりお勧めできないと考えています。しかし、依頼者が自分で責任を持てる場合は引越しを受けてくれることもあるのです。自分がどこまで責任を持てるか?をよく考えてから依頼してください。何かあったら困る!と思うのであれば、次にご紹介するハンガーボックスを利用すると良いでしょう。

 

引越し業者で貸してくれるハンガーボックスとは?


引越し業者ではハンガーにかかった洋服をそのまま収納できるハンガーボックスを貸出してくれます。シワになると困るスーツやアイロンがかけられない洋服などはハンガーボックスを使って引越しをすると良いでしょう。

 

引越し業者によってはハンガーボックスを無料で貸出してくれたり、引越しプランのパックに入っていることがあります。有料で貸出ししているところでも1つ1000円前後のレンタル料金なので、どうしてもシワにできない洋服専用として借りておくと重宝します。

 

ハンガーボックスのメリット

ハンガーボックスの最大のメリットはハンガーにかけた洋服をそのまま運べるという点です。クローゼットからハンガーボックスに洋服をかけ直すだけなので荷造りも簡単ですし、時間もほとんどかかりません。引越し先に到着したら、ハンガーボックスからクローゼットに洋服を移すだけなので荷解きも簡単です。

 

また、ハンガーボックスは蓋がついているのでホコリや汚れを防げる点もメリットです。ハンガーラックのまま運ぶ場合は布や緩衝材で全体を覆わないと汚れが付く可能性がありますが、その面倒な手間も省けます。

 

ハンガーボックスのデメリットと注意点

  • 幅55cm:スーツやシャツなど合わせて10枚程度まで
  • 高さ100cm:コートなどの丈の長いものは入らない場合もある
  • 詰め込みすぎるとシワのもと

 

ハンガーボックスはとても便利ですが、意外な落とし穴もあります。自分の引越しにとってデメリットとならないか?をよく考えてから借りるようにしましょう。

 

ハンガーボックスは幅55cm・奥行50cm・高さ100cmが標準サイズです。幅がそれほどないので、かけられる洋服はスーツやシャツなどを合わせても10枚程度までです。意外と量が入らないのに荷物としては大きいので、引越し料金が多少高くなる可能性があります。

 

さらに注意したいのは、ハンガーボックスに洋服を詰め込みすぎてしまうとシワになるという点です。入るだけ洋服を詰め込んでしまえば、洋服同士が接触して深いシワが付いてしまいます。せっかくシワにしないためにハンガーボックスを借りてもこれでは意味がありません。この点に気をつけてください。

 

ハンガーボックスを上手に利用して快適な引越しを!


クローゼットに整然とかけられている洋服を全てハンガーから外して引っ越すのはとても大変な作業です。また、シワにしたくない洋服に神経を使いながら引っ越すのも嫌なものです。

 

そんな時はハンガーボックスを利用し、どうしてもハンガーにかけたまま運びたい洋服だけを梱包しましょう。こうすれば引越し費用もそれほど跳ね上がらず、洋服のことばかり気にせずに引越し作業ができます。まずは、ハンガーにかけたまま運びたい洋服が何着くらいあるか?数えることから始めましょう。